• sen-jund-720_kiri
  • sen-jund-720_kiri
  • sen-jund-720_kiri
  • sen-jund-720_kiri
  • sen-jund-720_kiri

日本酒造りのお米として最高峰とされる兵庫県産山田錦を40%まで磨き上げた白米を使用。フルーティな香味ととろりとした甘み、コクが調和し、すっきりとしてスマートな味わい。キレの良い喉ごしながらも花のような香りが余韻に残る、エレガントな後味です。

※常温保存可能。生酒に近い風味を残すため「瓶燗火入れ」にて1瓶1瓶丁寧に熱処理

『SEN』のロゴがあしらわれた桐箱には、ラベルの雲母引きをモチーフにした掛け紙をお掛けしています。

大切な方へのご進物に。

保存方法

冷暗所(冷蔵庫)で保存し、開封後は冷蔵庫にて保存ください。

飲み頃の温度8℃前後

◯氷水方法:デキャンタに移し、氷水を入れた桶やボウルなどのクーラーにつけ、じっくりと冷やしてお召し上がりください。

◯冷蔵方法:瓶ごと冷蔵庫内で冷やし、呑む少し前に冷蔵庫から出しておくと丁度良い飲み頃になります。

特定名称 純米大吟醸酒
精米歩合 40%
アルコール分 16度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 山田錦100% 契約農家:兵庫県加西市山下町名古屋義数責任栽培
醸造元 合資会社廣瀬商店 茨城県石岡市高浜880番地
全国新酒鑑評会「金賞」受賞蔵(平成28年)

※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

圃場report

2017年春は気温の上昇が例年より穏やかな傾向。播種・育苗期・田植時期にかけては晴れの日が多く温暖で、苗は順調に生育。6月11日から田植開始。
田植え後も、晴れの日が続き、充分な日照時間があり、根の活着、苗の成長は順調に推移。生育中期は前年の半分の雨量と少なく空梅雨となり、水管理に苦慮。
梅雨明けから8月も晴れの日が多く、気温は高温で推移したが、出穂となる8月下旬からは平年並みに。出穂後は秋の気候となり昼夜温の差も大きく、9月は平年より低い気温下での生育となる。しかし、秋雨前線が停滞しやすく、9月の台風18号、10月2日の大雨、10月22日の台風21号による暴風雨の影響により、倒伏する圃場もみられた。特に10月は月間日照時間がかなり少なく、月降水量は平年比332%と記録的な多雨となった。
登熟期は平年より数日遅れたが、天候不順や台風の影響で収穫期を迎えても収穫できない日が続き、雨の合間を縫っての収穫となる。
日本酒の製造管理にもっとも重要なお米の溶解性は登熟期の気温が影響するため、酒蔵に圃場の記録を納品時に伝える。

Product details

精米歩合 (Rice polishing rate): 40%
酒米 (Rice): 山田錦 (Yamadanishiki)

酒米収穫日:2017.10.20
酒米生産田:兵庫県加西市山下町 流川148
出穂日:2017.08.29
出穂から30日間の平均気温:22.4℃
上槽:2018.03.08
酵母:M310
酒母造り:中温速醸
酒母造り日数:7days
もろみ日数:27days
アルコール分:16.3度
日本酒度:-6
酸度:1.5
アミノ酸度:1.0
濾過・加水:無濾過原酒

メッセージカード

メッセージカード(カード封筒付き)

メッセージの印字サービスを承ります(カード封筒付き1枚200円)
購入フォーム内の「備考欄」にタイトルとメッセージ文をご記入ください。なお、メッセージ文は10〜100文字程度までを目安としていただきますようお願いいたします。

サンプル

純米大吟醸 SEN 桐箱入

(720㎖)

販売価格(税込)
¥4,968(税込)
在庫状態
在庫有り
メッセージカード(+200円)

数量(単位:本)

related

  • SEN 純米大吟醸 桐箱入フルボト 2本入 720ml×2

    純米大吟醸 SEN

    2本組 桐箱入

    (720㎖×2)

    税込 ¥9,266

純米大吟醸 SEN 桐箱入  ページ上部へ