• sen-jun-720

生酛仕込・蔵つき酵母/無濾過原酒/直汲み

_ vintage2019

精白を抑えた山田錦を使用。自然の乳酸菌を手間暇かけて育て醸す生酛造りを用い、米本来の旨みと酸味を丁寧に引き出しました。甘酸っぱい香りの後に、心地よいシャープな酸とコクが調和する複雑な味わいが、さまざまなお料理を引き立てます。夏は冷やで、冬は燗で、幅広くお楽しみいただけます。

※常温保存可能。「瓶燗火入れ」にて1回熱処理を行っています。

保存方法

冷暗所(冷蔵庫)で保存し、開封後は冷蔵庫にて保存ください。

飲み頃の温度

冷や(15℃前後)〜お燗でお楽しみください。

◯呑む1時間以上前ぐらいに冷蔵庫から出しておいて常温で呑む、またはぬるめのお燗がおすすめです。

精米歩合 70%
アルコール分 16度
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 山田錦100% 契約農家:兵庫県加西市上万願寺町藤本圭一朗責任栽培
醸造元 富久錦株式会社 兵庫県加西市三口町1048

※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

圃場report_vintage2019

2019年春は平年並みの穏やかな気候。近年の温暖化傾向から、前年、田植え時期を1週間遅らせたところ結果が良好だったので、2019年も田植え時期を遅らせ6月15日に本田移植。移植後は分げつ生育共に良好。梅雨入りが6月26日と、近年ではもっとも遅い記録となる。7月は例年と比べて気温が低く、空梅雨や冷夏も心配されたが、8月に入ると猛暑日が続いた。9月、出穂後に高温が影響しないよう水管理に苦慮。9月~10月にかけては気温が高く、早めの稲刈りを検討する。10月20日、台風の影響を受けながらも、前年より4日早く収穫を迎えた。かねてより蔵元から相談があった、米の浸水時に起こる胴割れ対策のため、米の乾燥・水分調整を工夫する。登熟期の気温が日本酒製造時の米の溶解性に影響するため、米の納品時、酒蔵に圃場の記録を伝えた。

圃場の土質:礫質灰色低地土(粘質:並)
生育の主水源:川

Product details

精米歩合 (Rice polishing rate): 70%
酒米 (Rice): 山田錦 (Yamadanishiki)

酒米収穫日:2019.10.20
酒米生産田:兵庫県加西市山下町 五反田182
出穂日:2019.08.29
出穂から30日間の平均気温:25.0℃
上槽:2020.02.29
酵母:蔵つき酵母
仕込み水:軟水
酒母造り:生酛
酒母造り日数:32days
もろみ日数:27days
アルコール分:16.8度
日本酒度:+3
酸度:2.0
アミノ酸度:1.7
濾過・加水:無濾過原酒

メッセージカード

メッセージカード(カード封筒付き)

メッセージの印字サービスを承ります(カード封筒付き1枚110円)
購入フォーム内の「備考欄」にタイトルとメッセージ文をご記入ください。なお、メッセージ文は10〜100文字程度までを目安としていただきますようお願いいたします。

サンプル

純米 SEN

フルボトル(720ml)

販売価格(税別)
¥2,000(税別)¥2,200税率10%
紙袋(+110円税込)
メッセージカード(+110円税込)
のし(+55円税込)

数量(単位:本)

送料・配送について

related

  • 純米 SEN 生酒

    純米 SEN〈生酒〉

    うすにごり/生酛仕込

    (720㎖)

    税別 ¥2,000

純米 SEN  ページ上部へ